FAQ > おまかせナビ/お名前なび > 用語集

並び変え順 [ 閲覧数 | 更新順 | 評価順 ]
18件中 1~10件を表示しています。
表示件数:

suExec

一般的にCGIを使用する際には、パーミッションを666,755,777など第三者にも実行権限や閲覧権限を割り当てる必要があります。 第三者が実行、閲覧できるということは、それだけセキュリティが甘いということになります。 suExecを使用することで、第三者に権限を与えずにCGIを利用することができます。 以下に、suExec... 更新日 2013年04月09日 |カテゴリー 用語集

Submission Port 587

従来メール送信に利用しているTCP25番ポートとは別に、メール送信の受付専用にTCP587番ポートを利用します。 587番ポートを利用することにより、Outbound Port 25 Blocking を実施している他のプロバイダーからでもおまかせナビのメールサーバーを利用してメールの送信を行うことが可能になります。 Submission Portを... 更新日 2013年04月09日 |カテゴリー 用語集

POP over SSL, SMTP over SSL

POPでは、メールパスワードが平文でインターネット上を流れますが、これはセキュリティ上あまり良いことではありません。 POP over SSLを利用すると、PCからメールサーバー間が暗号化される為、安全性が高まります。 反対に、メールを送信するときにSSLで暗号化する機能は「SMTP over SSL」と呼ばれています。 ただし... 更新日 2013年04月09日 |カテゴリー 用語集

SMTP Authentication(SMTP認証)

電子メールの送信に使われるSMTPにユーザー認証機能を追加した仕様のことをいいます。 メール送信の際にSMTPサーバーとユーザーとの間でユーザーアカウントとパスワードの認証を行い、認証された場合のみメールの送信を許可することによって、安全性が向上します。 更新日 2013年04月09日 |カテゴリー 用語集

CGI(シージーアイ)

掲示板や買い物カゴなどを動かす仕組みのことをいいます。 Webサーバーがブラウザからの要求に応じて、組み込まれたプログラムを動かします。(Common Gateway Interfaceの略) アクセスカウンターやメールフォーム、掲示板、買い物かごなどがCGIの代表例としてあげられます。 更新日 2013年04月09日 |カテゴリー 用語集

APOP

電子メールの受信に使われるパスワードを暗号化する認証方法のことをいいます。 普段メールの受信に使われるPOPはパスワードを平文で(そのままで)送るので、盗聴される危険性があります。 APOPではパスワードを暗号化して送信するので、安全性が向上します。 更新日 2007年04月27日 |カテゴリー 用語集

スパムフィルタ

スパムメールやDMなどの迷惑メールをメールサーバー側で自動削除してくれる機能です。迷惑メールを受信前にサーバーでシャットアウトします。 受け取りたくないメールアドレスや、件名を登録することにより、メールが受信されなくなります。 更新日 2013年04月10日 |カテゴリー 用語集

SSL(エスエスエル)

インターネット上でデータを安全にやり取りするための仕組みのことをいいます。(Secure Socket Layer」の略) SSLに対応したサーバーにあるホームページにアクセスした場合、入力された個人情報などを暗号化して送信することができます。 顧客情報の漏洩を防ぐために、ネットショッピングのSSL対応は必須です。 更新日 2013年04月10日 |カテゴリー 用語集

アノニマスFTP

ネット上で公共性のあるデータを配布する為に考えられたシステムのことをいいます。 FTPサーバーにアクセスするには アカウント名とパスワードを正しく入力する必要がありますが、アカウント名にanonymous(匿名)と入力することで誰でも利用できます。 慣習的に、パスワードには自分のメールアドレスを入力します。 更新日 2013年04月09日 |カテゴリー 用語集

Outbound Port 25 Blocking(OP25B)

電子メールの送信時に利用される25番ポートの利用を一部規制すること(Blocking)から、「Outbound Port25 Blocking(OP25B)」と呼ばれています。 OP25Bの実施により、ユーザーから送信される迷惑メールを規制し、迷惑メールを削減することが可能となります。 更新日 2013年04月09日 |カテゴリー 用語集