2つの電話機でそれぞれ違う番号を受けたい(鳴り分け設定)[ひかり速トク]

– 設定の前に –
基本操作として、いくつかの注意点がございますので、操作前にこちらをご確認ください。

◎受話器を上げて、「ツー」という発信音がすることを確認する
 受話器を上げた時に発信音がしない場合は、通話自体が出来ない状態です。
 モデムから電話機までのケーブルがしっかり繋がっているか、もう一度ご確認ください。

◎電話機がモデムのどこに繋がっているかチェック
 電話機から延びているケーブルがモデム側ポートの「電話機1」「電話機2」のどちらに繋がっているかで、
 操作内容が変わることがあります。事前にご確認下さい。

◎設定の最後のガイダンスを最後まで確認
 操作を終えた時に「設定が完了しました」というガイダンスが流れます。
 このガイダンスを最後まで聞かずに受話器を置いてしまうと、設定が完了しない場合がありますのでご注意下さい。

【設定方法】

鳴り分け設定は合計4回の操作を行います。

操作1、電話機ポート1で必ず電話番号Aを受けるようにする
操作2、電話機ポート1の電話でかけた場合、必ず電話番号Aで発信する
操作3、電話機ポート2で必ず電話番号Bを受けるようにする
操作4、電話機ポート2の電話でかけた場合、必ず電話番号Bで発信する

操作する電話機は電話機ポート1、2のどちらに接続されているものでも問題ございません。

例)電話機ポート1に自宅電話番号、0123-45-6789を、
  電話機ポート2にFAX番号、0987-65-4321を設定する場合

・電話機ポート1に接続されている電話機で送受信したい番号の設定
  受話器を上げ、発信音がしていることを確認 
  ***991*94 (0123456789)## 
  → 「設定が完了しました」ガイダンスが流れる  受話器を置く

  受話器を上げ、発信音がしていることを確認
  ***991*00 (0123456789)##
  → 「設定が完了しました」ガイダンスが流れる受話器を置く

・電話機ポート2に接続されている電話機で送受信したい番号の設定
  受話器を上げ、発信音がしていることを確認
  ***992*94 (0987654321)##
  
 「設定が完了しました」ガイダンスが流れる  受話器を置く

  受話器を上げ、発信音がしていることを確認
  ***992*00 (0987654321)##
 →「設定が完了しました」ガイダンスが流れる 受話器を置く 

この情報は参考になりましたか?
記事の評価参考になった