NTTホームゲートウェイルータへの設定変更方法[ひかり速トク]

NTTのホームゲートウェイルータ(PR-S300SE、PR-500MI、RV-440KIなど、以下HGWと表記します)へのIPv4インターネット接続の設定変更方法をご説明します。
画面の例はRT-400NEの設定画面になります。

 

 

1:ブラウザのURL欄に「192.168.1.1」または「ntt.setup」を入力しエンターキーを押します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2:HGWへログインするためのユーザ名とパスワードが要求されますので、ユーザ名欄に「user」パスワード欄に
過去にご自身で任意に決め登録したパスワードを入力します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※メモや記憶が無く、パスワードを失念した場合は、HGW設置業者が登録している場合があります。
user、0000、1111、1234、,1212、ntt、admin、password などを入れてログインできるかご確認ください。
ログイン出来ない場合は、HGWを初期化する必要があります。
初期化を行った際、もし電話番号が複数あり、鳴り分け設定を行っている場合は、光電話の鳴り分け設定が
再度必要になりますのでご注意ください。

 

 

 

 

3:接続先設定(IPv4 PPPoE)画面が出ます。
接続先名の一番上の接続名(接続設定1や過去のISP名など)をクリックします。

 

 

 

 

4:接続先の設定が出ましたら、接続先名、接続先ユーザ名、接続パスワードを入力します。
接続先名は「ifnet」や「ひかり速トク」など任意にご入力ください。
接続先ユーザ名と接続パスワードは、ひかり速トクご利用案内書、アカウント一覧書類に記載されている、
プロバイダ接続アカウント、接続パスワードになります。

接続先名、接続先ユーザ名、接続パスワードを入力し終わりましたら、画面一番下までスクロールし、「設定」をクリック
します。

 

 

 

 

 

5:左上の保存ボタンがオレンジになりましたらクリックし青色にします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※正常に処理が完了しましたポップアップ画面が出る場合は「OK」をクリックします。
※接続先設定(IPv4 PPPoE)の画面に戻らない場合は、左上の「接続先設定(IPv4 PPPoE)」
をクリックします。

 

 

 

6:接続先設定(IPv4 PPPoE)画面に戻り、状態が回線接続中(接続中、確率など)となりHGWのPPPランプが点灯すれば設定完了です。

※未接続、認証エラーなどになっている場合は、入力情報に誤りがあります。
3番からやり直してください。

 

 

 

 

【参考】
2つの電話機でそれぞれ違う番号を受けたい(鳴り分け設定)[ひかり速トク]

IPv6設定の停止方法[ひかり速トク]

 

 

 

 

 

 

 

この情報は参考になりましたか?
記事の評価参考になった